プロペシアとフィナステリドに違いはあるか

フィナステリドから出来ている

フィナステリドから出来ている発毛促進の薬です未成年や女性は注意男性機能の低下が起こる可能性子供が欲しい夫婦はNG

AGAの治療薬にはミノキシジルはプロペシアがありますが、フィナステリドと説明されることもあります。
フィナステリドは成分の名前で、このフィナステリドを製品化したのがプロペシアです。
そして、プロペシアのジェネリック薬品はフィンペシアと呼ばれます。
フィナステリドはAGAの治療薬として使われたわけではありません。
前立腺肥大の治療薬として使われていましたが、使用しているうちに副作用として発毛が見られ、応用してAGAの治療薬として使われるようになっています。
プロペシアもフィナステリドも効果も副作用も同じです。
AGAは男性ホルモンが関係しています。
テストステロンと悪玉酵素の5αリダクターゼが結合するとジヒドロテストステロンと呼ばれる物質が発生し、このジヒドロテストステロンが毛母細胞に髪の毛が成長しないよう合図を送ります。
その結果髪の毛が成長せず薄毛になっていきます。